会頭あいさつ

鉄門倶楽部会頭 宮園 浩平

Placeholder image

東京大学医学部は江戸末期(1858年)、お玉が池の種痘所に端を発し、150年を超える長い歴史を歩んで来ました。鉄門倶楽部は明治32年(1899年)に医科大学選手競漕者の慰労の会を機に発足し、今日に至っています。

鉄門倶楽部は会員相互の親睦を密にし、連絡を強固にし、文化、教養、厚生に関する事業を行うことを目的とした、東京大学医学部医学科出身者、学生、教員などを中心にした組織です。鉄門倶楽部は一つには東京大学医学部医学科学生のための校友会的な活動を中心となって行い、もう一つには卒業会員のための同窓会的活動を行って来ました。主な活動としては、機関紙「鉄門だより」の発行、会員氏名録の発行をはじめ、鉄門旅行の開催、運動会・文化活動の支援、学部学生の夏期病院実習の支援、鉄門病院長会議の開催、地方鉄門会の活動などがあげられます。また平成11年(1999年)には鉄門倶楽部創立百周年記念事業が挙行され、寄せられた募金により医学部教育研究棟14階に鉄門講堂が完成するなど、東京大学医学系研究科・医学部の教育・研究・診療活動に大きく貢献して来ました。

これまでの会員の皆様のご支援に深く感謝するとともに、本ホームページの充実を機に、会員間の連絡・情報伝達がこれまで以上に円滑に行われ、本会がますます発展することを祈念いたします。

平成29年9月
鉄門倶楽部会頭 宮園 浩平